外壁リフォームで空室率DOWNVACANCY

もうウチのマンションは古いから・・と入居率アップを諦めていませんか

人の第一印象が外見で決まるのと同様に、建物の第一印象も“外観” で決まります。 部屋数や立地条件などが同じで、外観だけが異なるマンションが並んでいる場合、入居希望者は外観のきれいな方を選ぶでしょう。

また、インターネットなどで不動産情報が簡単に調べられる現在、 入居希望者が物件情報の確認にかける時間は1 件あたり1 ~ 2 分といわれています。 そのうち、外観の写真を見る時間はどれくらいでしょうか。 実際に内見に行くかどうかは、ほんの一瞬で決まるといっても過言ではありません。

しかし、だからといって諦めないでください。
逆にいえば、“外観さえ整えれば、入居率を高められる” のです。「築年数が古いから、入居率が低くても仕方がない」などと諦める前に、外壁リフォームをぜひ一度ご検討ください。
空室率ダウンにつながる外壁リフォームは、外壁塗装スペシャリストにお任せください

空室率を下げたい(入居率を上げたい)からといって、ただ単に外壁を塗替えればいいというわけではありません。 建物の第一印象を変える秘訣は、その配色(色選び)にあるのです。ここでは、色選びのコツについて少しご紹介いたします。

1 外壁塗装に使用する色は、2 ~ 3 色に

あまり多くの色を選ぶと、その後の配色に苦労しがちです。 『ベースカラーを1 色、アクセントカラーを1 ~ 2 色』といった形で、2 ~ 3 色を選ぶとよいでしょう。

2 ベースは淡く、
アクセントはハッキリ

ベースカラーには淡い色、アクセントカラーにはハッキリとした色を選ぶと失敗しません。 色による印象の違いについては、右記をご参照ください。

3 塗装する面積を考えて、
バランスよく

外壁の色を変えて塗り分ける場合、 その面積比率は『ベースカラー70%、 アクセントカラー30%』が理想的です。

エネルギッシュで情熱的。アクセントカラーにおすすめです。
オレンジ 人の目を惹く色で、親しみやすさや若々しさを演出できます。
建物をやわらかい印象に。他の色と組み合わせて使いましょう。
癒しの色として、リラックスさせる効果があります。
信頼感をアップさせる色。気持ちを落ち着かせる効果もあります。
安心感を演出できる色。ベースカラーとして人気があります。
グレー 自己主張がない分、他の色を引き立たせてくれる色です。
モダンで都会的な印象を与えられる色です。
具体的な配色については、直接アドバイスいたします。
まずはお気軽にご相談ください!
アパート・マンションの塗装を考えたら 無料診断・お問い合わせ

無料診断・お問い合わせ

現地調査・お見積りまでは無料ですので、外壁塗装をお考えの際はお気軽にお問い合わせください。

tel_092-691-0887 無料診断・お問い合わせ
ページトップに戻る